自動でツイートできる便利なプラグイン! WordTwit3.0の導入と設定方法のまとめ!

今や、ブログで投稿した記事を、Twitterでツイートしたり、Facebookで拡散したりするの当たり前の時代です。しかし、毎回TwitterやFacebookに投稿するのって、思ったより面倒だったりついつい忘れたりするんですよね。そこでTwiierでのツイートを忘れないためにWordTwitの出番です。WordTwitは、WordPressで投稿した記事を、Twitterで自動でつぶやいてくれるとても便利なプラグインです。ただ、設定が少しややこしいので、その導入と基本の設定方法を紹介します。

WordTwit3.0の導入と日本語化

WordTwitのインストール

プラグイン検索画面

サイドバーのプラグイン項目の「新規追加」をクリックし、検索欄に「WordTwit」と入力し「プラグインの検索」をクリックします。


WordTwit検索画面

表示された「WordTwit Twitter Plugin」の「今すぐインストール」をクリックして、インストールが成功したら「プラグインを有効化」をクリックする。これで、WordTwitのインストールは完了です。

WordTwitの日本語化

WordTwit3.0検索結果画面

Wordtwitのインストールが終了すると、サイドバーに「WordTwit」の表示がありますので、それをクリックし、表示された画面上部の「Options」をクリックします。


WordTwitのOptions画面画像

「Admin panel language」の中から「日本語」を選択し、画面左下の「Save Changes」をクリックすると表示が日本語に変わります。これでWordTwit3.0の日本語化は終了です。

WordTwit3.0の設定

TwitterとWordPressの連携

WordTwit3.0設定画面

予め、連携させたいtwitterにログインしておきます。その後、WordpressのサイドバーのWordTwit項目の中の「Accounts」をクリックします。


WordTwit-Accounts設定画面

Accounts画面右上の「Configure on Twitter Now »」をクリックします。すると、Twitter Accountのログイン画面が開きます。


Twitter Accountログイン画面

ログイン画面の「Username」と「Password」の欄に、あなたのTwitterのユーザー名とパスワードを入力し「Log in」をクリックします。「Username」の欄は、Twitterに登録しているメールアドレスでも大丈夫です。ログインが上手くいかない場合は、予めTwitterにログインしているかどうか確認してください。


Twitter My applications設定画面

My applicatinonsの設定画面が開きますから、「Create a new application」をクリックします。


Twitter Application設定画面

Name:」「Description:」「Website:」「Callback URL:」全ての欄を記入します。「Name:」には日本語で構いませんから、自分の分かりやすい名前をつけましょう。「Description:」はアプリケーションの説明・概要です。「Website:」「Callback URL:」の欄にはどちらも同じURL(投稿をツイートさせたいWordPressのサイト)を入力します。


Twitter Application設定画面

全てを入力したら画面下部の「Yes,I agree.」の欄にチェックを入れ、表示されている2つの単語をスペースで区切って入力し、「Create your Twitter applocation」をクリックします。表示されている文字が見にくい場合は、リロードボタンで更新しましょう。


Twitter Application設定画面

表示された画面の「Settings」をクリックします。


Twitter Application設定画面

画面中盤のApplication Typeのチェックを「Read and Write」に変えます。そして画面最下部の「Update This twitter Application’s setteings」をクリックします。変更が上手くいかない場合がありますので、きちんと変更されているか再び上部の「Details」をクリックして確認します。


Twitter Application設定画面

きちんと変更されている場合は、Access levelが「Read and write」となっているはずです。上手くいかない場合は、再び同じ作業を繰り返しましょう。きちんと変更されている場合は、「Consumer key」と「Consumer secret」の文字列をメモ帳などにコピペしておきます。WordPress側の設定で必要になります。これでTwitter側の作業は終わりになりますのでWordPressに戻りましょう。


WordTwit設定画面

WordPewssのWordTwitの設定画面の「オプション」をクリックし、上でメモした「Consumer key」と「Consumer secret」の欄に記入します。記入したら、最下部の「変更を保存」をクリックします。


WordTwit設定画面

サイドバーのWordTwitの項目の「アカウント」をクリックし、「アカウントを追加」をクリックします。


連携アプリ認証画面

最後に「連携アプリを認証」をクリックします。これでWordPressとTwitterの連携は完了です。お疲れ様でした。

短縮URLの設定

WordTwit設定画面

Twitterは投稿できる文字数が140文字と限られているいるので、短縮URL設定も行いましょう。短縮URLの設定は、「WordTwit」の「WordTwit設定」項目の「オプション」画面の「短縮方法」で選択することができます。いくつかの短縮URLサービスが選べるようになっていますが、私は特に設定のいらない「WordPress」を利用しています。

また、「Publishing Widget」の欄で、投稿に関するいろいろな設定ができます。「Publishing Widget」の設定についてはこちらをどうぞ。
⇒ Twitterに投稿する文言を自由に設定!WordTwit3.0のPublishing Widget設定

関連記事