WordPressのサイトマップを自動作成!簡単便利なプラグインのPS Aute Sitemap!

サイトマップには2種類あります。1つはGoogleに認識してもらうためのxml形式のサイトマップで、もう1つは訪問者のためのサイトマップです。WordPressにはどちらも自動で生成してくれるプラグインがありますが、今回紹介する「PS Aute Sitemap」は、のは訪問者用の人間が見るためのサイトマップを自動生成してくれるプラグインです。もちろん自分で更新するたびにサイトマップを更新するということも出来ますが、はっきり言って面倒ですし忘れたりもします。「PS Aute Sitemap」をインストールして設定しておけば、後は記事を更新するたびにサイトマップも更新してくれますから手間も忘れる心配も必要なくなります。ですから、是非インストールして起きたプラグインの1つですね。このページでは、「PS Aute Sitemap」インストールと詳しい設定についてまとめていますので参考にしてください。

PS Aute Sitemapのインストール

プラグイン検索画面画像

WordPressにログインし、サイドバーのプラグイン項目の「新規追加」をクリックし、検索欄に「PS Aute Sitemap」と入力し「プラグインの検索」をクリックします。


PS Aute Sitemap検索画面画像

表示された「PS Aute Sitemap」の「今すぐインストール」をクリックしてインストールに成功したら、そのまま「プラグイン有効化」をクリックしましょう。これでインストールは終了です。

 

 

PS Aute Sitemapでサイトマップを表示する方法

サイトマップページの作成

PS Aute Sitemapを利用するためにはまずはサイトマップを表示させるページを作成する必要があります。これは普通の投稿ページでも固定ページでもかまいませんが、私の場合は「メニュー」でグローバルナビにサイトマップを表示したかったので、固定ページで作成しています。ですからここでは、固定ページでサイトマップを作製する方法を紹介します。


固定ページ投稿画面画像

WordPress管理画面の、サイドバーの固定ページ項目の「新規追加」をクリックします。

  • タイトル蘭
    サイトマップなど好きなタイトルを入力します。
  • パーマリンク蘭
    sitemapなど好きな英数字を記入します。
  • ページ内容の欄
    テキスト記入になっていることを確認し、以下のように記入します。
    <!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>

そして「下書きを保存」をクリックして下さい。その際、アドレスバーに表示されている「post=●●●」の部分の数字を控えておいてください。この数字はPS Aute Sitemapの設定に利用します。これでサイトマップページの準備は完了です。

 

PS Aute Sitemapの設定

PS Aute Sitemapの管理画面

WordPressの管理画面の「設定」の項目の「PS Aute Sitemap」をクリックします。そして「サイトマップを表示する記事」の欄に、先ほど控えた「post=●●●」の部分の数字を記入し、「変更を保存」をクリックします。後は先ほど保存した固定ページを公開して、PS Aute Sitemapの基本的な設定とサイトマップの作成は終了となります。

 

 

関連記事