手作業よりも何十倍も簡単にサイトマップが作れるプラグイン! Google XML Sitemapsのインストールと設定!

 サイトマップには2種類あります。1つは当サイトのグローバルナビにあるような、訪問者にとってサイトの道案内となるようなページ。そしてもう1つのサイトマップとは、Googleの検索エンジンにサイトの構造を教えてあげるためのもののことです。今回はこの検索エンジン用のサイトマップについてです。

 

 なぜ検索エンジン用のサイトマップが必要かというと、検索エンジンがサイト内をクロール(巡回)しやすくして、インデックスされやすくするためです。通常検索エンジンはリンクをたどってサイト内をクロールするわけですが、xmlサイトマップを作成してウェブマスターツールに送信し、サイトの構造を教えてあげた方がインデックスされる確実性も速さも増します。

 

 ですからサイトの管理者にとって、xmlサイトマップの送信は必須です。ではその検索エンジン用のxml形式のサイトマップをどうやって作成すればよいのかという話です。xml形式のサイトマップは自作でもできます。しかしこれがなかなか面倒で大変です。ですから、HTMLサイトの場合は、FC2サイトマップ等で作成するとよいかと思います。WordPressサイトの場合は、Google XML Sitemapsというプラグインを利用することで簡単にxmlサイトマップを作成することができます。

 

 そこで今回は、Google XML Sitemapsのインストールと設定についてまとめます。

 

 

Google XML Sitemapsのインストールと設定

Google XML Sitemapsのインストール

Google XML Sitemaps検索画面

WordPressにログインし、サイドバーのプラグイン項目の「新規追加」をクリックし、検索欄に「Google XML Sitemaps」と入力し「プラグインの検索」をクリックします。


Google XML Sitemapsインストール画面

表示された「Google XML Sitemaps」の「今すぐインストール」をクリックしてインストールに成功したら、そのまま「プラグインを有効化」をクリックしましょう。これでインストールは終了です。

 

Google XML Sitemapsの設定

Google XML Sitemaps管理画面

 インストールが終了したら次は設定をします。設定と言うほどのものでもないのですが、まずはWordPress管理画面の「設定」の欄にある「XML-Sitemap」をクリックします。そして「こちらをクリック」をクリックします。たまに赤文字でエラーが出たりする場合がありますが、Googleに更新の通知ができていれば大丈夫です。これで「Google XML Sitemaps」のWordPress上での作業は完了です。後はこのサイトマップをGoogleウェブマスターツールに送信しましょう。

 

関連記事