サイト管理者の必須ツール! Googleウェブマスターツールの登録・導入方法!

 サイト運営者には必須のGoogleウェブマスターツールをご存知ですか。Googleウェブマスターツールとは、無料で使えるGoogle社提供のサイト管理のためのツールです。

 

 では、Googleウェブマスターツールで何をすることができるのか?それをザックリと2つにまとめると、1つ目はGoogleの検索エンジンに自分のサイトの情報を教えることができるということで、2つ目は自分のサイトがGoogleからどう見られているのかということを把握できるということだと思います。ですからSEO対策を行う管理人にとって、ウェブマスターツールは必須のツールなんです。

 

 そんなウェブマスターツールですから、もちろんいろいろなことができますが、それをすべて書きはじめるととても長い記事になってしまいますから、細かい内容はまた別記事にてまとめることとして、このページではそのウェブマスターツールをサイトに導入する具体的なやり方・方法についてまとめてみようかと思います。

 

Googleウェブマスターツールの登録・導入方法

まずはウェブマスターツールにアクセスしましょう。そして、Gmailのアドレスとパスワードを入力し、「ログイン」をクリックします。先にGmailにログインし、ウェブマスターツールにアクセスしてもかまいません。

 

ウェブマスターツール管理画面

ウェブマスターツールに登録したいサイトのURLを入力し、「サイトを追加」をクリックします。するとサイトの所有権の確認画面が表示されます。


 

ウェブマスターツール管理画面画像

サイトの所有権の確認方法はいくつかあるのですが、Google Analyticsを導入している場合、Google Analyticsを利用した確認方法が簡単なのでココではその方法を紹介します。「別の方法」タブをクリックして下さい。


 

サイト所有権確認画面

すると上の画面が表示されますから、「Google アナリティクス」にチェックを入れ、「確認」をクリックします。

関連記事