複数のパスワード管理ならLastPass! LastPassのアカウント作成とインストール!

 Twitter、Facebook、フリーメールなどを始めとして、今の時代ネットを利用する人であれば、サイト作成やアフィリエイトをしない人でもいろいろなところでIDやパスワードが必要になりますよね。

 

 前記事でパスワード管理の大切さについて書きましたが、そのIDとパスワードを利用するサイトごとに変えていると、IDやパスワードが増えてその管理は非常に頭が痛いところではありませんか?だからといって複数のサイトで同じIDやパスワードを使うなんて怖いこともできない!これって多くの方が考えていることなのではないでしょうか。 続きを読む  

管理人の経験談! 「まさか自分が!?」被害に遭ってからでは遅いパスワードの管理の重要性!

 「QAZWSX」や「QWERTY」というパスワードをお使いの方が多いらしいですね。なぜパスワードに「QAZWSX」や「QWERTY」を使うかお分かりですか?私は「QAZWSX」を見て残念ながらまったく気付きませんでした^^;ヒントはキーボードです。

 

 また、今年10月のAdobe不正アクセス事件で、なんと190万人の方がパスワードに「123456」を使用していたことが判明したんだそうです。「123456789」「password」などの簡単なパスワードを使っていた人も何十万人もいたそうですよ。

 

 確かにパスワードの決め方って難しいですよね。頻繁にパスワードの変更を要求されるサイトのパスワードなんて、毎回考えていたらネタが尽きちゃいます。それに、頻繁にログインするサイトだったら入力が面倒だったり・・・だから上で紹介したようなパスワードを利用する訳ですよね。その気持ちはよーく分かります。

 

 ところで、「まさか自分がハッキングされるなんてことはないだろう」とか、「自分のサイトのような小さいサイトが狙われたりすることはないだろう」とか思われていませんか?断言します。答えは「NO」ですよ!その証人は私です。

 

 何故私が証人なのか、それは私が不正アクセスの被害に遭ったからです。金銭的な被害はゼロですが、精神的・労働力的な被害がありました。具体的にどんな被害だったかというと、1回目は1年ちょっと前にあったサーバーへの不正アクセスです。私が利用しているのはコスパのとても良いエックスサーバーなのですが、そのエックスサーバーからいきなり「【重要】お客様のアカウントに対する不正アクセスにつきまして」というタイトルのメールが来ました。具体的な被害はなかったものの、サイトの復旧にはだいぶ時間と労力がかかりました。このとき「小さいサイト運営だから狙われないわけじゃない!」と思い知らされました。

 

 2回目はフリーメールです。私はいくつかのフリーメールを利用していますが、その中でも「Microsoft」の「Hotmail」で不正アクセスの可能性があるということで、一時アカウントが凍結されてログインできない状態になりました。まぬけな話ですが、セキュリティ用のメールを登録していたものの、どのメールだったか思い出せずに、アカウントの復旧は大変でした。どうにか復旧できたから良かったものの、慌てて改めてセキュリティ用の携帯番号を登録しました。ただの個人のアカウントなのに、不正アクセスがあったのです。

 

 こんな感じで、私のような個人で小規模なサイトを運営していたり、フリーメールを使っている人間でさえこういうっために遭うわけですから、「自分は大丈夫」なんてことはないと思いますよ。私の場合は金銭的な被害はなく、小さな被害で済んだから良かったですが、場合によっては大きな被害にもなりかねません。改めて思うと、自分のパスワード管理の甘さにぞっとします。

 

 そういった経緯を経て、現在私はパスワードに非常に気を使っています。以前やっていたような、複数のサイトで同じパスワードを使用するなんて危険なことも止めました。

 

 ちなみにこんな記事を見つけました。
⇒ 忘れないパスワードの作り方(法則、公式で作るパスワード)
この記事を読んだから今私はこの記事を書いているわけなのですが、上記のページで示されているように、自分なりの法則を決めてパスワードを作成するのも1つの手ですよね。

 

 現在私は、LastPassID Managerを併用してパスワードの管理を行っています。どちらも無料で使用できます。ちょっと前までは、ID Managerのみを使用していたのですが、ブラウザによってIDやPASSの記入がうまくいかなくなったりしたので、LastPassを併用し始めました。そして銀行やカード関係はID Managerでパソコン内にローカル保存のみ、その他はLastPassを利用しています。LastPassは全てのブラウザに対応しているからネット上では使いやすいのです。ただしクラウド型ですから、たぶん大丈夫だろうと思いつつも銀行やカード系の情報は念のために保存していません。

⇒ LastPassのアカウント作成とインストール解説!

 

 みなさんいろいろなパスワード管理法があると思いますが、以前の私のように安易なパスワードを付けていたり、管理が甘かったりしていませんか?大した被害のない私でさえ心から思います、「不正アクセスされると本当に大変ですよ」と。お気を付け下さいね。

 

手作業よりも何十倍も簡単にサイトマップが作れるプラグイン! Google XML Sitemapsのインストールと設定!

 サイトマップには2種類あります。1つは当サイトのグローバルナビにあるような、訪問者にとってサイトの道案内となるようなページ。そしてもう1つのサイトマップとは、Googleの検索エンジンにサイトの構造を教えてあげるためのもののことです。今回はこの検索エンジン用のサイトマップについてです。

 

 なぜ検索エンジン用のサイトマップが必要かというと、検索エンジンがサイト内をクロール(巡回)しやすくして、インデックスされやすくするためです。通常検索エンジンはリンクをたどってサイト内をクロールするわけですが、xmlサイトマップを作成してウェブマスターツールに送信し、サイトの構造を教えてあげた方がインデックスされる確実性も速さも増します。

 

 ですからサイトの管理者にとって、xmlサイトマップの送信は必須です。ではその検索エンジン用のxml形式のサイトマップをどうやって作成すればよいのかという話です。xml形式のサイトマップは自作でもできます。しかしこれがなかなか面倒で大変です。ですから、HTMLサイトの場合は、FC2サイトマップ等で作成するとよいかと思います。WordPressサイトの場合は、Google XML Sitemapsというプラグインを利用することで簡単にxmlサイトマップを作成することができます。

 

 そこで今回は、Google XML Sitemapsのインストールと設定についてまとめます。

 

 

Google XML Sitemapsのインストールと設定

Google XML Sitemapsのインストール

Google XML Sitemaps検索画面

WordPressにログインし、サイドバーのプラグイン項目の「新規追加」をクリックし、検索欄に「Google XML Sitemaps」と入力し「プラグインの検索」をクリックします。


Google XML Sitemapsインストール画面

表示された「Google XML Sitemaps」の「今すぐインストール」をクリックしてインストールに成功したら、そのまま「プラグインを有効化」をクリックしましょう。これでインストールは終了です。

 

Google XML Sitemapsの設定

Google XML Sitemaps管理画面

 インストールが終了したら次は設定をします。設定と言うほどのものでもないのですが、まずはWordPress管理画面の「設定」の欄にある「XML-Sitemap」をクリックします。そして「こちらをクリック」をクリックします。たまに赤文字でエラーが出たりする場合がありますが、Googleに更新の通知ができていれば大丈夫です。これで「Google XML Sitemaps」のWordPress上での作業は完了です。後はこのサイトマップをGoogleウェブマスターツールに送信しましょう。

 

サイト管理者の必須ツール! Googleウェブマスターツールの登録・導入方法!

 サイト運営者には必須のGoogleウェブマスターツールをご存知ですか。Googleウェブマスターツールとは、無料で使えるGoogle社提供のサイト管理のためのツールです。

 

 では、Googleウェブマスターツールで何をすることができるのか?それをザックリと2つにまとめると、1つ目はGoogleの検索エンジンに自分のサイトの情報を教えることができるということで、2つ目は自分のサイトがGoogleからどう見られているのかということを把握できるということだと思います。ですからSEO対策を行う管理人にとって、ウェブマスターツールは必須のツールなんです。 続きを読む  

使わないと損の超高機能な無料のアクセス解析! Google Analytics(アナリティクス)の導入法!

 Google Analytics(アナリティクス)をご存知ですか?Google Analyticsとは、Google社が無料提供している超高機能のアクセス解析ツールです。無料で使えるアクセス解析は、忍者やi2iなどいくつかありますが、Google Analyticsほど高機能なアクセス解析はないと思います。それだけ高機能なアクセス解析ですから、自サイトのアクセスアップのためにも使わない手はありませんよね。

 

 ただしGoogle Analyticsにはその本格的さゆえの難点もあります。それは、使い方が初心者には少し難しいということ。Google Analyticsの管理画面は、慣れないと使い方が難しいんですよ。私も最初は苦労しました。 続きを読む  

「No Self Pings」でWordPressをさらに快適に! 自サイトへのピンバックを送らないプラグイン!

 WordPressのピンバックという機能をご存知ですか?ピンバックとは、記事中に他のWordPressブログへのリンクを張った場合、自動的にそのことを相手に知らせて相互リンクできるような仕組みのことです。

 

 便利な機能であることも事実なのですが、自サイトの別のページにリンクを張った際などもピンバックしてしまったり、スパム的なことに利用されたりといいことばかりではありません。 続きを読む